So-net無料ブログ作成
検索選択

長官銃撃、「一種の冤罪」=警視庁を批判−アレフ(時事通信)

 国松孝次警察庁長官(当時)銃撃事件の公訴時効を受け、オウム真理教(現アレフ)の広報部は30日、「関与を疑われた教団にとって一種の冤罪(えんざい)とも言い得る事件だった」とのコメントを出した。
 警視庁が教団信者グループが関与したとの捜査概要を発表したことには「見立てに固執した初動捜査の過ちから一歩も抜け出せておらず、残念」と批判。「疑惑を晴らすため協力を尽くしたが、捜査に幕が引かれたことは極めて残念」としている。 

【関連ニュース
【特集】国松警察庁長官銃撃事件〜ついに時効!〜
〔写真特集〕地下鉄サリン事件
〔用語解説〕「地下鉄サリン事件」
「コメントは不可能」=長官銃撃時効でひかりの輪
「力及ばずに尽きる」=謙虚に反省、テロ防止誓う

一時保育の規制緩和を国へ申請 横浜市長が明かす(産経新聞)
関東地方、昼過ぎにかけて大荒れ(読売新聞)
たらい舟 ゆらゆら春の川下り…芭蕉ゆかりの岐阜・大垣(毎日新聞)
足利事件 「捜査としては完敗」 DNA型鑑定の妄信自戒(毎日新聞)
首相動静(3月29日)(時事通信)

桑田真澄さん 早大大学院を修了「研究の奥深さ知った」(毎日新聞)

 プロ野球巨人や米大リーグで投手として活躍した桑田真澄さん(41)が25日、早大の早稲田キャンパス(東京新宿区)で行われた大学院の学位授与式に出席し、大学院を修了した。昨年4月にスポーツ科学研究科のトップスポーツマネジメントコース(修士課程1年制)に入り、スポーツビジネスなどを学んだ。

 同コースの代表としてあいさつした桑田さんは「勉強の大変さと研究の奥深さを知った。日本のスポーツ界のさらなる発展のためにこれからも勉強を続けていきたい」と話した。

 桑田さんは大阪・PL学園高3年だった85年秋、一度は早大進学を表明しながらも、巨人からドラフト1位指名されプロ入りした。

【関連ニュース
大学生:生活費10年前の3割減 食費、部屋代切り詰め
雑記帳:大分大5年生 人気のタマ
東京大学:合格発表…前期日程入試、平均倍率3.19倍
九州大学:合格発表 2189人に春
五輪フィギュア:大教室に立ち見、中京大でも応援

停電、埼京線など4700人缶詰め=最長3時間25分運転見合わせ−架線にケーブル(時事通信)
名古屋市長 自転車で町へ 議会リコールの受任者募る(毎日新聞)
<日本絵本賞>大賞の嶋田さんら表彰(毎日新聞)
「真実の声に耳傾けず」=裁判長、立ち上がり謝罪−涙ぬぐう菅家さん・足利事件再審(時事通信)
不況で共働き増、多数の待機児童出る見通し(読売新聞)

遮断棒折れ阪和線14本運休(産経新聞)

 25日午前7時5分ごろ、大阪府和泉市尾井町のJR阪和線信太山−北信太駅間の踏切で、遮断棒が折れているのを通行人が見つけ、110番通報。府警から連絡を受けたJR西日本は、係員が遮断棒の修復を終えるまでの約30分間、踏切を通過する電車に徐行運転させた。この影響で、上下線合わせて計14本が運休、計43本が最大15分遅れ、約2万人に影響した。

<政調費>任期満了前の支出、必要性なければ違法 最高裁(毎日新聞)
日米同盟基軸「揺るぎなく継続」=防大卒業式で訓示−鳩山首相(時事通信)
阪大准教授に停職6カ月処分 深夜の研究室で女子院生と2人きり (産経新聞)
札幌受信料訴訟でNHK敗訴…司法判断分かれる(読売新聞)
全盲従業員の預金詐取=マッサージ会社社長ら逮捕−宮城県警(時事通信)

厚労省が時短ガイドライン発表(産経新聞)

 長時間労働の解消やワークライフバランス(仕事と生活の調和)充実のため、厚生労働省は19日、企業に対し年次有給休暇の取得目標を設定するよう要請することを盛り込んだ「労働時間の見直しに関する改正ガイドライン」を発表した。すべての労働者が2週間程度の連続休暇を取得できるよう促進を図るとしている。

首相動静(3月21日)(時事通信)
「生方氏、解任ではなく交代だ」…民主執行部(読売新聞)
<人事>最高裁判事に慶応大学院・岡部教授(毎日新聞)
<普天間移設>官房長官と国民新の下地氏が会談(毎日新聞)
たばこも要求、コンビニ強盗が現金と3カートン奪う(産経新聞)

小沢幹事長、趣味の釣りでリフレッシュ(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長が伊豆諸島の八丈島を14日に訪ね、漁船に乗って趣味の釣りを楽しんでいたことが15日、関係者の話でわかった。小沢氏は最近、参院選対策の全国行脚を続け、週末もほとんど休んでいおらず、前日の13日は熊本市での当選1回の衆院議員のパーティに参加していた。関係者によると、小沢氏は疲れた様子もみせずに飛行機で八丈島へ飛び、知人の漁船に乗り込んだという。

 小沢氏は、自身がからむ「政治とカネ」の問題で逆風を受けているが、リフレッシュの時間が必要だったようだ。

 小沢氏の釣り好きは有名で、昨年10月には、千葉県の大原沖で体長約50センチのタイをつり上げた。今年1月8日に国会内で伊豆諸島の首長らに東京都議補選の協力要請をした際には、「キンメダイが捕れるのか。いいな。自分も八丈島とかにしょっちゅう行って世話になっている」と笑顔で語っていた。

夕映えの二上山と西方浄土(産経新聞)
<日米密約>リスト定かな記憶ない…藤崎駐米大使(毎日新聞)
東京でサクラ開花宣言、平年より6日早く(読売新聞)
JAL、ANA計97便欠航、1万5千人に影響(読売新聞)
伊丹空港廃止、箕面市議会が決議の見通し 地元3市の差際立つ(産経新聞)

承認内容の見直しなど要求―薬害イレッサ原告・弁護団(医療介護CBニュース)

 抗がん剤「イレッサ」の副作用による被害者遺族らが、国と輸入・販売元のアストラゼネカに損害賠償を求めている「薬害イレッサ訴訟」の統一原告団・弁護団は3月18日、問題の全面解決を求める要求書を長妻昭厚生労働相とアストラゼネカに提出した。今年7月から行われるイレッサの再審査で、承認内容を見直すことなどを求めている。

 要求書は、長妻厚労相とアストラゼネカに、▽国とアストラゼネカ社は責任を認め被害者遺族に謝罪する▽国とアストラゼネカ社は被害者遺族に対する償いをする▽今年7月からの再審査にあたりイレッサの承認内容を見直す▽医薬品副作用被害救済制度を拡充するなどして抗がん剤による副作用死を救済する制度を創設する▽薬害イレッサ事件を検証し薬害の再発防止に取り組む―の5点を要望している。
 提出後に開いた記者会見で、西日本訴訟原告弁護団の永井弘二事務局長は「医薬品評価制度ができた中で起こしてしまった薬害ということなので、イレッサこそきちんと検証しないと、第2、第3のイレッサを防ぐことは決してできない」との考えを示した。

 「イレッサ」は02年1月にアストラゼネカから承認申請、同年7月に承認された「手術不能または再発非小細胞肺がん」を適応とする抗がん剤。販売開始直後から副作用の間質性肺炎による死亡報告が相次ぎ、04年末までの2年半で副作用死亡報告数は557人に上り、09年9月末までには799人の報告があったという。
 04年7月15日に患者と患者の遺族11人が大阪地裁に、同11月25日には患者の遺族4人が東京地裁に、それぞれ国とアストラゼネカに損害賠償を求めて提訴している。請求金額は共に1億450万円。この裁判では、大阪地裁で7月30日、東京地裁では8月25日に最終弁論が開かれ、結審する予定だ。


【関連記事】
和解勧告受け「一日も早い実現を」−全国B型肝炎訴訟原告団・弁護団
被害者全員の救済を5党に要請―全国B型肝炎訴訟原告団・弁護団
厚労相との面談を要請―全国B型肝炎訴訟原告団・弁護団
第三者組織の「目的と特性」「権能」など了承−薬害肝炎WG
B型肝炎患者が全国一斉追加提訴−原告患者は373人に

かんぽの宿、「4回以上転売」や「不透明な選定」も 会計検査院指摘(産経新聞)
いじめ撮影? 動画を投稿=中学生徒がネットに−島根(時事通信)
<殺人未遂容疑>老人施設で3人刺される 入所者逮捕 福岡(毎日新聞)
伊勢茶 紺がすり姿で初摘み 三重・四日市のハウス(毎日新聞)
鳩山邦氏、自民離党 唐突…「予備軍」も困惑(産経新聞)

写真が語る 空襲の恐怖 大阪で特別展(産経新聞)

 一夜で約4千人の命が奪われた米軍による第1次大阪大空襲(昭和20年3月13〜14日)から65年を迎えるのを前に、空襲直後の街の惨状を伝える特別展「焦土大阪写真で見る大空襲」が11日、大阪市中央区のピースおおさかで始まった。

 当時旧制中学2年生だった中山純雄さん(80)=大阪府河内長野市=が空襲から数日後の大阪・ミナミの繁華街を撮影した写真2枚を含む約100点を展示。必死で持ち出したというカメラで撮った中山さんの写真には、積み重なるがれきの中にかろうじて倒壊を免れた大阪松竹座などが写し出されている。

 兵庫県尼崎市の山谷一雄さん(82)は「当時、大阪のあまりの変わりように愕然(がくぜん)とした。無差別に人や街を奪い尽くす空襲の恐ろしさを写真で思い出した」と話していた。

 大阪では昭和19年12月から20年8月にかけて、約50回にわたって米軍の空襲があり、約1万5千人が死亡、122万人が被災したと推計されている。第1次大阪大空襲では、約270機のB29爆撃機が来襲した。

【関連記事】
蘭の一瞬の美しさ切り取る 福原・資生堂名誉会長の写真展
浅草撮り続けた写真家の作品展 台東区立中央図書館で19日から
沖縄の歴史、切り取らず「描いた」体験
チンチン電車阪堺線存続を 市民らPR 関連グッズ、写真展、チン電パンも…
高円宮妃久子さま トキの写真ご覧に 日本橋三越本店
20年後、日本はありますか?

ボブ・ディランの新作は「絵本」(産経新聞)
「正直に真実を述べた」小林議員聴取で首相(産経新聞)
チリ大地震、M8.8に修正=気象庁が再解析(時事通信)
離党表明の邦夫氏、与謝野氏と意見交換 平沼氏との連携にも意欲(産経新聞)
<阿久根市長>8職員に市民懇談会出席を命令 疑問や批判も(毎日新聞)

雑記帳 映画「みつばちハッチ」の製作発表 今夏公開(毎日新聞)

 70年代の人気アニメをリニューアルした映画「昆虫物語みつばちハッチ 勇気のメロディ」の製作発表が8日、東京・銀座であり、声優を務めるアヤカ・ウィルソンさん(12)が「みつばち大使」に任命された。

 映画は今夏公開。群れ崩壊が世界的問題になる中、養蜂業界は振興につなげたいと期待する。みつばちの日に合わせて発表し、アヤカさんは「誕生日はハチミツの日(8月3日)です」と笑顔を見せた。

 日本養蜂はちみつ協会会長の大島理森自民党幹事長も出席。党内若手からは「顔が怖い」と批判されたが、キュートなアヤカさんの前では、好々爺(こうこうや)のようなあまーい表情を浮かべた。【小泉大士】

【関連ニュース
アヤカ・ウィルソン:「誕生日はハチミツの日」 劇場版「みつばちハッチ」で声優に
京のお店:京都西陣・蜂蜜専門店 ドラート(上京区) /京都
アヤカ・ウィルソン:「誕生日はハチミツの日」 劇場版「みつばちハッチ」で声優に
はちみつ共励会:自慢の出来栄え競う−−多治見 /岐阜
米ドキュメンタリー、水と緑の地球環境本部で上映−−26日 /東京

1票の格差、違憲状態=衆院定数訴訟で4例目−福岡高裁支部(時事通信)
<懲戒請求>弁護士6586万円着服 地位悪用し 愛知(毎日新聞)
ひき逃げされ男性死亡 東京・台東区(産経新聞)
阿久根市長、本会議をまた欠席…傍聴席から批判(読売新聞)
東京大空襲 65年、遺族「最後の節目の日になるかも…」(毎日新聞)

氷河湖拡大、定説に風穴? 京大院生「温暖化」覆す故郷ネパール命がけ調査(産経新聞)

 ヒマラヤ山系にあるネパール最大の氷河湖で、地球温暖化により氷が解けて湖が拡大し、決壊する恐れが指摘されているイムジャ湖について、京都大学大学院生が独自に現地調査を実施。湖の拡大は温暖化ではなく、ほぼ一定方向に吹き続ける強風が氷河を砕き割ることが原因との新説を打ち立てた。院生はネパール生まれで、故郷の危機に役立とうと命がけで観測を行い、「他の氷河湖も同様の危機にさらされている可能性がある」と推察。専門家も「盲点だった」と評価しており、定説に風穴を開ける可能性もある。

 調査を行ったのは、同大学院工学研究科の大泉伝(つたお)さん(29)。両親の仕事の都合でネパールで生まれ、幼少期を過ごした。

 都市環境工学を専攻し、気温の変動で起こる災害などを研究するうちに、イムジャ湖が決壊し、下流域が大洪水になる危機にさらされていることを不安視。「氷河が崩れる仕組みを調べて事前に防ぎ、故郷を守りたい」と思いをつのらせ、昨年10月に現地で単独の観測調査を実施した。

 氷河湖の拡大は、地球温暖化の影響で氷が解け、水量が増えるのが原因というのがこれまでの定説。大泉さんも当初、この説を裏付けるため、土が堆積(たいせき)した氷河の温度を調べた。ところが、土の下の氷河は定温に保たれ、周辺気温の上昇が融解の原因とは考えにくいことが判明。大泉さんは別の原因について考えた。

 そこで着目したのが、湖面に浮かぶ幅1〜4メートルにおよぶ多数の氷塊と、湖岸に吹きすさぶ強風との因果関係。湖岸の氷河の表面に数カ所にわたり、砂漠で風化した岩のような大きなひびが入っていることがヒントとなった。

 風速や風向き、気温などのデータを、5分間隔で約100時間にわたって観測。その結果、昼間に気温が上がると上昇気流が発生して南西方向の風が強まり、主に北東側の氷河を直撃し、風化で氷河を砕き割るという仮説にたどり着いた。

 イムジャ湖はエベレスト山麓(さんろく)の標高約5千メートルの地にある。近くには高山病による死者が多発する危険地帯もあり、過酷な環境下で、観測は困難を極めた。大泉さん自身も滞在中に原因不明のぜんそくを患ったが、故郷への思いと研究者としての責任感から調査をまっとうした。

 今回の研究成果について、京大防災研究所の山敷庸亮准教授は「風が氷河湖拡大の原因になるという説は盲点で、新たな視点。世界の科学者に議論してもらいたい」と評価。大泉さんは「補強壁の導入など、新説が拡大防止に役立つきっかけになれば」と期待を寄せている。

                   ◇

【用語解説】氷河湖

 太古の氷河期に成長した氷河が解けて形成される湖。ヒマラヤ山系では、イムジャ湖のほかにも多くの氷河湖がある。貯水量が過度に増えて決壊すると激しい土石流を伴う洪水が起こり、下流域に甚大な被害をもたらす恐れがある。イムジャ湖は年々拡大しており、最も危険性が高い湖の一つとして警戒されている。

【関連記事】
ネパール、エベレストで閣議 氷河融解に警鐘
エベレストで閣議開催へ ネパール、温暖化に警鐘
恐竜絶滅の原因は天体衝突 国際研究で裏付け
「丹波竜」発掘調査で恐竜の卵の殻?を発見 兵庫・丹波市
恐竜の「色」分かった 英科学誌に発表
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

協議機関設置、野党に呼び掛け=企業献金見直し−与党3幹事長が確認(時事通信)
公金800万円プール 大阪・高槻市交通部 余剰金でマッサージチェア(産経新聞)
<茨城空港>ターミナルビル副所長級職を公募(毎日新聞)
新ルール適用は7成分16品目―来年度薬価改定(医療介護CBニュース)
地域主権2法案を閣議決定(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。